曽田博久のblog

若い頃はアニメや特撮番組の脚本を執筆。ゲームシナリオ執筆を経て、文庫書下ろし時代小説を執筆するも妻の病気で介護に専念せざるを得ず、出雲に帰郷。介護のかたわら若い頃から書きたかった郷土の戦国武将の物語をこつこつ執筆。このブログの目的はその小説を少しずつ掲載してゆくことですが、ブログに載せるのか、ホームページを作って載せるのか、素人なのでまだどうしたら一番いいのか分かりません。そこでしばらくは自分のブログのスキルを上げるためと本ブログを認知して頂くために、私が描こうとする武将の逸話や、出雲の新旧の風土記、介護や畑の農作業日記、脚本家時代の話や私の師匠であった脚本家とのアンビリーバブルなトンデモ弟子生活などをご紹介してゆきたいと思います。しばらくは愛想のない文字だけのブログが続くと思いますが、よろしくお付き合いください。

カテゴリ: 出雲暮らし

Mちゃんの奥さんが入院したのを知ったのが先週の金曜日。畑先生がやって来て先月の20日に入院したと教えてくれる。台所で両手で何か持って運ぼうとした時しりもちをつき、そのはずみで骨を痛めたらしい。幸いにも手術はしなくてすんだが、コルセットで固定して安静を続け、ようやく2月の12日頃からリハビリをする予定。早速、お見舞いを集める。隣保では1週間以上の入院の場合は1軒3000円のお見舞いを出すことに決まっていて、集めるのは自治委員と町内委員の役目。ところがMちゃんが町内委員なので、奥さんの見舞いをMちゃんが集めるのも変な話なので儂が一人で集める。二人なら手分けして電話するのだが12軒も電話するのはかったるいので文書にしてポスティングし、日曜日に集めて回る。ちょうど儂と女房の確定申告を作っていたところなので両方をフーフーいいながらやる。女房が家を売ったので分離課税の申告。儂は毎年の確定申告。二人とも還付があるので早く申告したかったのであるが、分離課税は去年もやったし、儂も去年に引き続きe-TAXで楽勝だと思っていたら、去年のことを忘れていたり、e-TAXはAdobeがうまくダウンロードできなくて、何度も失敗、その度に入力が消え、一からやり直し、とうとう業を煮やし手書きの申告に戻る。戻ったのはいいのだが、去年と今年の申告書は入力項目が微妙に変わっていてここでまた戸惑う。そんなわけで土日はえらい目に遭う。
月曜に申告書を提出、Mちゃんに見舞いを届ける。そこで心配なのはMちゃん何を食っているんだろうということ。聞いてみたら、自分はずっと炊事や掃除、洗濯はやってきているから大丈夫だと言う。奥さん、身体が弱くなり、昼ご飯を食べに帰る時以外は自分でやっていると言う。そんな話は初めて聞いた。どんなものを食べているのか聞いたら、この前生まれて初めてカレーライスを作った。うまかったよと笑っていた。73歳で初めてのカレーライスだなんてこれはイカン。
そこでポトフとかミネストローネとか食ったことあるかと聞いたら、何じゃそれというではないか。コンソメスープは作ったといっていたので、火曜日にポトフを届けると約束する。ポトフなら似たようなものだと安心させる。ミネストローネはトマト味のスープだと解説したら面妖な顔をしていた。
16128592937211612859292656
と、いう訳で二人分を作る。右の大きい鍋がMちゃんの鍋。分量は同じである。ポトフのスープを使うから簡単なものだ。Mちゃんの奥さんは料理が上手でこれまでにも煮しめや釣って来た魚で刺身を作って届けてくれた。これくらいのことしないと申し訳が立たない。儂のポトフは魚ニソ入りだが、Mちゃんも魚ニソではかわいそうなので、「ソーセージある?」と聞いたら、「あるよ」と出して来たのが魚肉ソーセージ。思わず笑いそうになった。という訳で、Mちゃんのポトフも魚ニソ入りになった次第である。これでMちゃんも儂も三日は助かる。予定では60日の入院になると言うから次は何をとどけようかと思案している。ミネストローネだとポトフ同様楽なのだが口に合うかなあ。

久し振りの食改善レポート。膵臓に負担をかけない脂質を抑えた食改善を始めて1年半を過ぎた。当初は極端に肉を断ち、油物、甘い物や酒、刺激物、カフェインも断つという生活を始めた。肉はササミと豚ひれだけ。魚は鯵、カレイなどの白身魚、貝、いか、海老。ミルクは低脂肪、ヨーグルトは脂質0のもの。たっぷり食えるのは野菜だけという生活はすぐに音を上げた。レパートリが少なくて、魚は刺身か焼くか煮るかしかなく、ササミは特別に美味いものではないし、豚ヒレもヒレカツにして食べる訳には行かず。
1年後くらいからさまざまなシーズニングで豚ひれの味を変えて、油も少なめで炒めることを覚え肉料理の目先を変えるようになった。八宝菜のもとのようなものを使ったり、大根と肉のうま煮のもとみたいなものを使うと簡単に調理できることも知った。その頃、鶏胸肉も脂質が少ないことに気が付き、ササミ一辺倒から脱却する。
しかし、新しいことを覚えてもそればかり繰り返すからどうしてもすぐに飽きる。そんな時、去年の秋に知ったのが魚のソーセージ。
1612609511230
魚肉ソーセージである。なんだそんな安物のソーセージと馬鹿にする人が殆どだと思うが、実は魚肉ソーセージこと魚ニソ(ギョニソ)こそ栄養があって良い出汁が出るのだ。(TVの受け売りですが)
考えてみれば魚の練製品なのだから栄養がない訳がないし、出汁が出ない訳がない。初めて里芋と魚ニソの煮しめを作ったが確かに美味かった。それ以来、儂は魚ニソ使いになり、何にでも魚ニソを使っている。ポトフはソーセージは食えないから魚ニソで代用する。ミネストローネにも入れる。ナポリタンでも使った。野菜炒めにも入れる。汎用性があって何にでも使えるので重宝していて珍しく飽きることなく食っている。とはいえ、つねにレパートリーは増やしたいと思っている。
そんな時に1月の末にイオンで見つけたのが『畑の肉』のコーナー。大豆で作った肉である。
16125090544341612509052764
大豆ミートのハンバーグ。ハンバーグなんて2年は食べていない。早速、夕食のおかずに。
「う~む、微妙」。レストランのハンバーグという訳にはさすがに行かない。それでもハンバーガーショップのハンバーグと思えば食えないことはない。
16125091250531612509122205
次の日、いよいよ畑のお肉に挑戦。30分ほど水につけてよく絞ってから使う。
16125091879521612509185521
畑の肉野菜炒めを作った。スポンジを食っているような感じで、とても肉を食っている感じはしなかった。味もよくしみ込んでいない。そこで翌日肉豆腐に挑戦する。肉豆腐なら味がしみこんでもっと美味しく食べられるのではないかと思ったのだが(右の写真)、肉豆腐を作るつもりが、冷蔵庫にある野菜を片っ端から放り込んだらすき焼きぽいものが出来てしまった。たしかに味はしみていたが、ちょっと甘いスポンジを食っているような感じであった。
『畑の肉』確かに未来を救う食べ物になると思うし、なって欲しいのだが、まだ時間がかかりそうだ。科学の進歩に期待しよう。まだ袋に半分残っているが次のメニューが浮かんで来ない。



12月12
日                       4:40
13
日                               6:00
14
日                 2:20             6:35
15
日                      3:40
16
日                             5:30
17
日                  2:50          5:40
18
日熊本            1:40
19
日博多                    3:30
20
日                  2:30
21
日奇跡の一夜

22日                           4:55
23
日                  2:30            6:10

24日                        4:00       6:35
25
日                               5:50
26
日                      3:20
27
日                          4:20
28
日                                6:05

29日                       3:40      5:45
30
日                   2:50      4:50

31日                       3:45
1月1日(5:30起床)
        1:40         4:05
2
日(6:15起床)            2:00
3
日(5:30起床)                     4:05
4
日                      3:15
5
日                  2:00          5:20
6
日                         4:00
7
日                  2:00      4:30
8
日                    2:40          5:45
9
日                         3:50       6:50
10
日                      3:10          6:50
11
日                                                     5:10
12
日             1:05                 5:40

13日                               5:25

14日                          4:25

15日                      3:00         6:10

16日                    2:30          5:35

17日               1:30              5:05
18
日                           4:30

19日                           4:30

20日                        3:40         6:40

21日                            4:50

22日                          4:00

23日                                5:00

24日                    2:10           5:25

25日                1:35                 6:20

26日                     2:45           5:45


随分データーを貯め込んだが、奇跡が起きたのが去年の12月21日。7時に起床するまで一回もトイレに立たなかった。思わず頬っぺたをつねった。寝ぼけて記録を取るのを忘れたのかと思ったほど。いやあ嬉しいのなんのって万歳と叫びたくなった。努力はするもんだ。継続は力なり。これで治るぞと思ったのだが、どうにもお後がよろしくない。あの奇跡の一夜が一向に訪れる気配がない。最低でも月一回はこのような夜があって、やがてそれが週一回になって……と、勝手に夢を描いていたのだが、現実は甘くなかった。
そこへ、もう一つ色気のない話が加わる。今年になって何やら左の下腹部が膨れて来たような気がして薄気味悪くなる。膵臓は食事療法が効を奏しているようで変化なしだが、何か悪い病気だとヤバいのでかかりつけ医に診て貰う。
「脱腸だよ」と、軽くあしらわれる。まだ軽い脱腸だと言う。ほっと胸をなでおろしたものの「脱腸」に「夜間頻尿」。老病極まれりである。カッコ悪いことこの上なし。先生には下腹部に力がかかるような農作業はやめなさいと言われる。
そう言われてはたと思い当たったのが毎日続けているスクワットである。去年の5月頃から始めた。
スクワットでふくらはぎの筋肉を鍛えるのは血流がよくなり、夜間頻尿対策にもなると思って、どんどん回数も増やしていた。同年齢の先生に「スクワットもやめた方がいいでしょうねえ」と、聞いたら「年を考えなさい」と、言われてしまった。で、スクワットをやめて5日になる。確かにスクワットの回数を増やしてから急に膨らみだした気がする。過ぎたるは及ばざるがごとし。年寄りの冷や水とはこのことか。ウオーキングはいいと言うので続けているがどうにも物足りない。暖かくなったらウオーキングの距離でも延ばすかなあと考えている。
 

三連休の最終日、ようやく寒波が緩む。大雪になると言う予報だったが、年末の雪の方が積もった。ただ、連日零下で風が強く震えあがるほどの寒さであった。

連休初日。9日。
16102369196241610236918553
朝、雪かきした後の玄関前。夜のうちに少し降っただけであった。
右の写真。池には結構積もっていた。
16102369727811610236970245
家の前の道。雪は深くはない。前方、路面が出ているのは強風で雪が吹き飛ばされたから。
右の写真は新内藤川沿いの道へ出るところ。雪が凍っていて神経を使う。
1610237004234
9号線に出ると、交通量が多いので雪は溶けている。昼前に出て、昼ご飯を食べに遠征する。
16102370279631610237026975
「ごはん亭はしもと」
松江市宍道町にある定食屋。いつもは車で一杯。トラック運転手が集まる。我が家からなら30分。市内からなら9号線を真っ直ぐ行けば20分で着く。神立食堂はさすがに飽きたので去年の秋からドライブ気分で時々昼ご飯を食べに来ている。この日は「甘鯛のあんかけ」「いかのぬた」「きんぴら」「シジミ味噌汁」と「ご飯の中」。「いかのぬた」がお気にで、はまっている。おかずも「銀だらの煮付」以外は持ち帰りが出来る。夕食のメニューに困った時はここで買って帰る。なぜ「銀だらの煮付」が持ち帰りできないのか分からない。今度聞いてみよう。
16102370658111610237063768
「日本一たい焼き」
帰り道、すぐ近くにあるのがたい焼きの店。「このたい焼きは日本一たい」と店主が言ったことから、この名前の店になったのだそうだ。博多のたい焼き屋で西日本にチェーン店を一杯だしているようだ。いつも混んでいる。
儂は甘党だから、時々寄ってたい焼きを買う。1個買うのは恥ずかしいから3個買って、車の中で熱々を食って、2個は冷凍する。
1610237109964
夕方、帰りの新内藤川沿いの道。雪はだいぶ溶けた。こうしてみると、天気は良かったように見えるが、晴れたと思ったら突然吹雪く。吹雪いたと思ったら急に空が晴れて青空が見えると言う猫の目のように天候が急変した一日。

連休2日目。10日。
16103662411721610366239683
夜中にまたうっすらと雪が積もる。
16103662887351610366286827
夜中に少し降った雪が朝になると凍結しているので、なかなか凍結が溶けない。すいすい走れるのは9号線だけ。

連休最終日。11日。
16103663627231610366395188
昨夜は降らなかったようでようやく暖かい朝を迎える。今日は最高気温が4、5度はあったようだ。新内藤川沿いの道も雪が消える。この数日、余りに寒くて散歩する気が起きなかったが、今日は夜散歩をする。風もなく拍子抜けするくらい楽な散歩であった。週末また寒くなるようなことを言っていたが勘弁してほしい。畑の雪害を確認するのが恐ろしい。横目でちらっと見ただけで詳しく調べていない。

1月7日
明日から大雪になると言われていたので覚悟して起きたら全然降っていない。
16100070187131610007022855
門から玄関を見る。
それでも三年前、夕方大雪が降ってイオンの駐車場から脱出するのに死ぬ思いをしたことがあったのでスコップと長靴を積んで出かける。午前中はコメダ珈琲。時折り降り出すが短時間で積もることもない。ただ暴風雪警報が出ていたくらいなので風が強くて寒い。
昼食は昨秋から時々、出雲から二駅松江寄りの荘原の先にある定食屋に通っているので遠征する。その帰り、1時頃から突然風雪が強くなる。斐伊川を渡って出雲市内に入ったら吹雪で前も見えないくらいの吹雪になる。このまま家に帰ろうかと思ったが夕食の材料がないのでイオンに寄る。レタス鍋の材料だけ買って猛吹雪の中を帰宅する。
16100069419871610006940545
新内藤川沿いの帰り道。運転席から写す。
右はわが家(左手)の前の道。吹雪が収まり始める。激しかったのは1時ごろから2時過ぎまでの1時間でその後はなりをひそめている。
16100068911841610006894596
帰宅したら白くなっていたがこの程度で今日のところは収まったようだ。
右の写真は畑で採って来たレタス。レタス鍋にして全部食った。9日土曜日は「古文書の会」があるが、先生から大雪になりそうだから中止すると早々と連絡がある。そう言えば三年前の「古文書の会」が終わった後、大雪の二日後ぐらいだったが、先生の車がシャーベット状態の雪にタイヤを取られて駐車場から出られなくなっていた。儂は事務所からスコップを借りて来て足をびしょびしょにしながら先生の車を脱出させてあげたことがあった。先生もあれには懲りたのであろう。どうやら明日が大雪になるようだ。今日の出雲の最低気温がマイナス3.7度。天気予報では明日もそれくらいになるそうだ。

↑このページのトップヘ