曽田博久のblog

若い頃はアニメや特撮番組の脚本を執筆。ゲームシナリオ執筆を経て、文庫書下ろし時代小説を執筆するも妻の病気で介護に専念せざるを得ず、出雲に帰郷。介護のかたわら若い頃から書きたかった郷土の戦国武将の物語をこつこつ執筆。このブログの目的はその小説を少しずつ掲載してゆくことですが、ブログに載せるのか、ホームページを作って載せるのか、素人なのでまだどうしたら一番いいのか分かりません。そこでしばらくは自分のブログのスキルを上げるためと本ブログを認知して頂くために、私が描こうとする武将の逸話や、出雲の新旧の風土記、介護や畑の農作業日記、脚本家時代の話や私の師匠であった脚本家とのアンビリーバブルなトンデモ弟子生活などをご紹介してゆきたいと思います。しばらくは愛想のない文字だけのブログが続くと思いますが、よろしくお付き合いください。

カテゴリ:出雲暮らし > 老病ドタバタ

9月後半に「1年検診」「半年検診」「3ケ月検診」怒涛の三連チャンがあった。
9月15日が島根医大で甲状腺の「1年検診」。数年前の健康診断で甲状腺に嚢胞のようなものがあり精密検査を受けろと言われ、3ヶ月検診を何回か、その後半年検診を何回か受けて、1年検診の3年目。変わりがないので検診期間が伸びている訳で、今回も大丈夫だろうと思うも余り気分のいいものではない。結果、無罪放免される。「これだけ変わりがなければいいでしょう。後はかかりつけ医に手紙を書いておきますのでそちらで診てもらってください」と言われて、やっと甲状腺検診から解放される。大丈夫だろうとは思っていたがまさか解放されるとは思っていなかったので、思わず胸の内で万歳する。これでもう医大に行かなくてもいいのかと思うと帰りの神戸川の土手道もドライブ気分。降りる所を通り過ぎてしまう。
9月24日が平田の総合医療センターで膵臓MRIの「半年検診」。
3回目の半年検診で、前回、前々回、膵管に出来ている腫瘍(?嚢胞みたいなもの)に変化なしが続いているのだが、さすがに甲状腺ほど安気にはなれない。35分縛り付けられて身動き一つできないのも地獄の苦しみだったが、3回目の今回は全然苦痛にならず。慣れたのかもしれない。
9月27日にMRIの結果が出る。MRIの写真を見せられ、嚢胞みたいなものが少し大きくなっていると言われる。確かに写真では小指の先っぽよりも小さい丸いふくらみが気持ち大きくなっている。
やっぱり膵臓は甘くなかったかと思ったら先生曰く。「中の液が増えてふくれることもありますから
あまり気にしなくていいです。これが大きくなったら(親指大より大きく)手術しないといけません」
「僕はまだ癌じゃないんですよね」
「はい、癌ではありません。ま、曽田さんはこのまままっとうできますよ」
と、妙な慰め方をされて狐につままれた気がする。
そりゃあこのまままっとうできるならそれに越したことは無い。嬉しいのだが、現に膵管に小といえども腫瘍のようなものはあるし、大きくもなっているのに本当に大丈夫なのだろうか。2年半前に膵臓の異常が見つかり、カナダまで血液を送って検査を受けた結果99%の確率で膵臓癌になると判定された。
あの自信に満ちたカナダからのお墨付きは一体何なんだと言いたくなるではないか。
思うに自分が自信を持って言えることはただ一つ。
この2年間、徹底した自己節制をして来たからではないかと言うことである。この自己節制だけは大威張りできる。1回の脂質が10g、一日の脂質が20g以下になるように気をつけ、油は断ち(最近はほんの少しは使っている)、焼き肉、ステーキ、ハンバーグ、とんかつ、すき焼き、しゃぶしゃぶ、中華、てんぷら、うなぎ、ピザ、コーヒー、ビール等々一口も口に入れていない。魚と野菜中心だがトロやブリは脂質が高くてアウト。外食の最大の贅沢が「スシロー」と「出雲そば・羽根屋の五段割子」なのだからその節制ぶりを察してほしい。
そのおかげで膵臓が鳴りを潜めていると思っているのだが、今回は先生に確認をとれず。実は儂の診察の前に一人で30分も話している患者がいて、廊下で待たされた患者がぶうぶう文句を言っていたのだ。
わしも相槌を打っていた手前、あまり長い時間先生を独占するわけには行かなかったのである。来年、3月に引き続きMRIがあるので、その時にでも確かめようと思っている。
そして、9月29日が前立腺の「3ヶ月検診」。おしっこの検査があるので貯めて来てくれと言われていて、漏れそうになるのを必死に我慢して検査を受ける。容器におしっこをしてその勢いを計測する。その後、超音波でおしっこの残りを検査する。
「あっ、残ってませんね。いいですね」
この3ヶ月の様子を問われる。例によって、7、8、9月の記録を見せる。
9月分(7、8月分は省略)

12時過ぎトイレに行って就寝   7時起床してトイレに行く

 

 

1日(9月)                     5:00         〇
2
日                            5:50     〇
3
日           2:30              5:40
4
日                3:20              6:40
5
日               3:10            6:05

6日                        5:00        〇

7日                        5:00        〇
8
日                      4:35         7:00

9日            2:40              5:50
10
日            2:40                 6:20
11
日         2:25                 5:50
12
日                3:30               7:00
13
日                              6:15  〇
14
日               3:00             6:10
15
日             2:40                 6:30
16
日                3:25               6:45
17
日                              6:00  〇 
18
日            2:30   3:35             6:30
19
日            2:30                 6:20
20
日               2:55                6:35
21
日                               6:20  〇

22日                            5:45     〇

23日                          5:10       〇

24日                 3:10                〇

25日                    3:55          6:15                        
26
日            2:20       4:00 4:45        7:00
27
日                       4:30          〇
28
日                                6:10 〇

29日                          

30日                          

31日                               

 

 〇がついているのが夜中に一回だけ起きた日。一回だけでも7時に起きてすぐにトイレへ行った日は当てはまらない。多少はよくなっているのかなあと言う感じである。この3ヶ月はタムスロシン(尿を排泄しやすくする作用あり。前立腺肥大に伴う症状{頻尿、残尿感}を改善する)を服用していたが、10月からはこれに加えてデュたステリド(男性ホルモンの働きを抑え、前立腺の肥大に伴う症状を改善する)と言う薬が出る。先生は前立腺を小さくする薬だと言っていた。果たしてどうなることやら。これも長くなりそうだ。

「これだけ熱が続いたら抗原検査を受けて下さい」と電話で相談した主治医に言われたのが、8月2日の朝。受付前の8時半。追加の風邪薬を出して貰らうつもりだった儂は「ええっ、抗原検査!」。
予想だにしていなかった言葉に愕然となる。

7月26日。午後イオンのいつも喫茶店でPCに向かっていたがどうにもやる気が起きない。体もだるい。体が熱っぽい気もして夕方帰宅して体温を計ったら37.2。すぐ主治医に電話したら患者が少なくなる6時過ぎに来いと言う。行ったらすぐに隔離部屋に入れられ、そこで診察、3日分の抗生剤(1日2回朝夕服用)を出してもらう。この時はせきも痰もなかった。支払いもすべて部屋で済ませ、薬局も車で待っていたら薬剤師が持ってきてくれる。
ワクチン済ませていてもこんなに対応が厳しいとは。儂はただの夏風邪だと思っていたのだ。前夜、寝苦しくてベッドの頭の上にある窓を少し開けて寝た。エアコンが嫌いなので軽い気持ちで窓を開けて寝たのだ。明け方、ちょっと寒いかなと思ったぐらいだったが午後から具合が悪くなった。ウオーキングを始めるまでは季節の変わり目に必ず風邪を引いていたのだが、2年前からは一切風邪を引いていない。油断があったのかもしれない。
7月27日。36.9~37.1
7月28日。36.6~37.0
7月29日。朝起きたら36.0。朝飲んだ薬が最後。誰でも治ったと思うだろう。実は儂は3日分は少ないかなと思っていて本当は4日分くらい欲しかったのだが、追加でもらえばいいと思っていたのだ。ところがこの日は木曜日で、診察は午前中のみ。もし薬がほしけれ明日でもいいかと、この日は朝以降は薬なし。
7月30日。朝。36.6。微妙。ところがこの日は庭師が来る日。普通は平熱扱いされる体温だから「ま、いいか」と庭師対応。松の手入れだけはどの家も先に済ませる。我が家もかなり前に松その他を済ませていて、この日は残りの手入れ。10時と3時のお茶出しの他に、今回はハプニング。生垣の中にドッジボール大のスズメ蜂の巣を発見。儂は急遽ホームセンターへスズメ蜂退治のジェットスプレーを買いに走る。ひとしきり炎天下スズメ蜂退治に付き合う。
夕方熱を測ったら37.6。庭師もスズメ蜂退治で手間をとられ、今日中に終わらせようと焦っているのに、今から病院へ行ったら終わるまでには戻って来れないかもしれない。37.6は体温測定ではぎりぎり平熱扱いされる温度なので我慢する。
夜、9時過ぎ37.5。明日は土曜日。土日は医者にかかれないと思うとさすがに不安になり、10時前、閉店間際のドラッグストアに駆け込み、頼りない若い薬剤師(だと思う)のお姉ちゃんに相談して解熱剤を買う。
7月31日。朝、36.7。10時からは娘が出演する「私が人間であるために」のオンライン対談。何とか無事に視聴。午後からは37に上がるも後はずっと36台後半。だが、なんとなく咽喉がいがらっぽく、軽い痛みを覚える。昨夜の若い薬剤師がなんとなく不安だったので急遽個人薬局のベテランのおばさん薬剤師に相談する。せきと痰の薬を購入する。熱がそんなに高くないのに解熱剤は使わない方がいいと言われてその日の夕食後からせきと痰の薬。
8月1日。終日、37台後半。せきと痰の薬と解熱剤は併用するなと言われていて、解熱剤を飲んだものかどうか判断ができず。2日(月曜日)になったら朝一に主治医に電話しようと決める。

と、話せば長い、こんな顛末があっての8月2日の朝だったわけである。確かに熱は続いたがきちんと服薬していた訳ではないし、スズメ蜂退治をしたりの事情があったのだが、先生に抗原検査を受けろと言われたら従うしかない。
この近くでは抗原検査をしている病院は2か所しかないので、近い大社の病院に行く。ここは個人病院だが駐車場にテントのワクチン接種会場を設置している大きな病院。電話して行き、駐車場で車に乗って待機する。熱があるので長時間待たされるのが心配だったがしばらく待っていたら防護服を着た先生がやって来て窓越しに鼻に綿棒を挿入、鼻水を採取して引き返す。15分待ったら電話があって「マイナスです」。ワクチン打ってるしプラスのはずはないと思っていても胸をなでおろす。薬も出してもらう。抗生剤とせき痰の薬。解熱剤を出してくれる。
午後37.9になった時、解熱剤をのむ。夕方36.7まで下がるも夜は37台前半。夜遅くもう一錠解熱剤をのむ。
8月3日。起床した時が37。この日は高くなっても37を越えることなし。
そして、今日
8月4日。終日平熱。夕方には35.4をたたき出す。今は36.5あるが、たまに35台が出るのがいつもの自分である。終日気分も全然違う。明日一日薬を飲み切れば大丈夫だと思う。
たかが夏風邪で今日が10日目。ドタバタがあったり土日を挟んだとはいえ夏風邪でこんなことになったのは初めてのことだ。
教訓。このご時世うっかり夏風邪も引けない。抗原検査を受けさせられる羽目になる。微熱とは言え抗原検査に出向くのは辛いものがある。皆様、御身大切に。
医者も大変だ。発熱患者が来るたびに別室に隔離して診察しなければならない。抗原検査をする病院も患者が来るたびに防護服を着て駐車場まで出て検査しなければならない。コロナ対応の初期の段階だけでもこれだけ余計な手数がかかっていることを身をもって知った。
加えて儂は独り身の不安も少しだが味わう。
コロナと診断され在宅医療を余儀なくされている人、その中でも独り身の人はどれだけ不安なことだろうか。儂は土日の二日間、医者に診てもらえないことがどれだけ不安で辛かったか。それでも儂は薬局には行けたが、コロナで寝たきりの人は電話しかない。その電話もすぐには通じないという。それなのに政府は悪くなるまで家で頑張れと言う。悪くなった人に何度も電話をかけなおせと言うのか。こんな三才の童子も呆れるようなたわ言で急場をしのごうとしている。パラリンピックもやる気でいる。病人そっちのけのお祭りは続く。戦いすんで日が暮れて、どんな風景が広がるのでしょうか。

父の日に2回目のワクチンを接種する。
受付1045分なので今日は5分前に到着。係がすぐにやって来て名前を確認。欠席者だと思われていたみたいで「来て頂いて良かった」と言われる。最後で10番目と分る。15分刻みのワンクールは10人と判明する。1時間で40人。日曜の接種時間は6時間なので全部で240人か。医師一人だとこんなものなんだろうが、もう少し医師を増やすとかしてもっと大勢接種できないのだろうか。そうすれば若い人や子供たちももっと早くうてるのに。田舎だから医療資源が足りないのかもしれない。
2回目の接種なので、問診の先生から「明日は熱が出るかもしれません。熱が出てもびっくりせんでください」と言われて、接種のカーテンへ。
今回も女医さん。前回は中年の女医さんだったが、今回は30半ばのキャリアウーマンタイプ。
前回の女医さんはおかあさんみたいな雰囲気の人でうつときも優しくふんわりと打ってくれたので殆ど痛みを感じなかったのだが、今日はてきぱきと打ったので前回よりは痛みを感じる。薬液を注入するのも前回はゆっくりだったのに、今回はあっという間に注入してしまう。注射一本打つのにも随分個性があるものだなあと妙なことに感心する。
接種済証を貰う。
InkedPXL_20210620_043749971_LI

15
分経過観察して1111分に退出。
2
回目接種で妻も93歳の母も副反応はなかったので儂もないと思うが、今日は大事をとってウオーキングは中止、入浴もやめてシャワーにするつもり。
これでいつでも上京できる。それが一番嬉しいのだが、娘夫婦はいつになったら接種できるのだろう。
職域接種が始まると盛んにニュースでやっているので随分接種が進んでいるようなイメージがあるが普通の人はいつになるのやら。東京都の緊急事態解除も狂気の沙汰としか思えん。今の緊急事態宣言を発する時に一日100人にならないとすぐにリバウンドする。目標は100人台だったはずなのに二日連続で前週の感染者数を上回っている状況で解除したらどうなるか分かっているはず。感染者が増えたらすぐにまた緊急事態宣言を発すると言ってるがいい訳にしか思えない。いざ、そういう事態になったら四の五の言いそうな気がする。オリンピックはないと思っていた自分の不明を恥じている。野党も根性がないし、頭も悪い。3月か4月か、内閣不信任案を出して、解散させればよかったのだ。争点をオリンピックをやるかやらないかに絞って、選挙をやれば少なくともオリンピック反対の票はかなり出たはずなのだ。
ウガンダの選手が着た途端に陽性反応。先が思いやられる。
オリンピックで感染者が増えて死者が出たら、国に損害賠償を要求できるのではないだろうか。法律のことは分からんが「訴えてやる」と言いたくなるだろう。
暑い夏になりそうだ。

【追記】
6月21日。副反応を心配したが昼過ぎイオンで検温したら36.5度。だが、身体がぼーっとして何となく調子が悪い。夕方、熱がありそうな気がしたので検温したら36.5度で変わらず。思うに今日の出雲の気温は30度で朝から暑かった。急に暑くなったせいかもしれない。夜、涼しくなったら少し元気になる。注射をした左腕の鈍痛や張りも夜にはやわらぐ。どうやら無事に終わったようだが、このワクチンの効果はいつまで持つのだろう。集団免疫が出来るまでに時間がかかって、また打たなきゃいけないなんてことにならなければ良いのだが。

【追記】
6月22日。今朝はすこぶる快調。昨日と全然違う。昨日朝から身体がだるかったのは暑さだけの所為ではなかったのかもしれない。そんな気がして来た。軽い副反応があったのかもしれない。

【追記】
6月25日。今朝のニュースで島根県の高齢者で2回接種を済ませたのは19%強と言っていた。まだそんなものかと少なさに驚く。主治医が「早いね」と言ったはずだ。済ませたと言うと全員が「早いね」と言う。昨夜のニュースでは千葉のサーフィン会場で3ヶ国を宿泊させる予定のホテルに突然国からもう3ヶ国追加で宿泊依頼があり、ホテル側が呆れている様子を映していた。ホテル側はワクチンも打ってないのにどうすればいいのだと怒っていた。今頃何やってるんだろうね。そもそもホテルはワクチン優先だろ。

出雲市の集団接種は5月22日から始まった。今日5月30日は待ちに待った儂の第一回目のワクチン接種。会場の「夢タウン出雲」に10時45分集合だったが10時半過ぎに到着。
PXL_20210530_012046463.MPPXL_20210530_012516683
会場は本館2Fだがぐるりと見回してもどこでやっているのかさっぱり分からない。店員に教えてもらい本館奥へ。45分集合の人が数人待機所で待っていた。
PXL_20210530_012603925PXL_20210530_013554555.MP
45分前から受付が始まる。予診票、接種券、免許証をチェックして中で待機。待機しているのは3人ほど。マスクして話はするなと貼紙があるのに、隣の人が話しかけて来たので相手をしていたらすぐに呼ばれて、カーテンの向こうの予診室へ。医師が一人居て予診票をチェックし一分で終了。待つほどもなくすぐ隣のカーテンへ通されて注射。女医さんだった。一応ちくっとしますよと言われたが採血の注射の方が圧倒的に痛い。こんなに痛くない注射は生まれて初めて。
こぴPXL_20210530_040613384こぴPXL_20210530_040601528
射ち終わって出て来ると、2回目の予約が教えられる。待機所で15分間の待機。11時7分まで。
PXL_20210530_015455653
待機所で時計とにらめっこして11時7分になったのですぐに出る。待機所には椅子が15脚あったが10人程度しか座っていなかった。10時45分前から始まって、11時7分に終わったからあっという間だった。
集団接種というからもっと大勢詰めかけて大変なことになっているのではないかと思っていたので肩透かしを食らった気分であった。予診をする先生も一人なら、注射を射つ先生も一人。医師は5人くらいいるのかと思っていたので拍子抜けする。人に聞いた話では、先生は開業医が順番に担当しているのだそうだ。一人しか参加出来ないはずだ。出雲にそんなにたくさんの開業医がいる訳がない。
注射を射つのに一人一分として、一時間に60人ぐらいの接種をしているのではないだろうか。10時45分から11時までに集合した人も15人ぐらいの感じがする。流れ作業でどんどん進むので数えてはいないのだが。月~土が一日3時間、日曜が一日6時間。田舎だとこのペースでいいのかな。この他にも市内には3週間ごとに日曜のみとか毎週日曜のみという会場がある。後は個人接種だ。
この調子では鳥取県を抜くことはもう無理かもしれない。4月頃までは島根県が感染者が全国で一番少なかったのだが、5月はこれまでに月180人以上の感染者が出てとうとう感染者数で鳥取県を追い抜いてしまった。ただ死者数ゼロの記録は守っている。今重症者数が4人になってしまった。何とか死者ゼロの記録だけは続けたいと願っている。
先週の金曜日の集金会で話を聞いたら、隣保では75歳以上で土曜に受ける人が一人、日曜の儂。6月の初めに個人で受けるのが4人ほどで。まだ半数以上が予約もしていない。のんびりしている。
今のところ副反応はない。ただ注射したところが気持ち固くなっていて重い感じがする程度。念のために夕食後のウオーキングは中止した。風呂も入浴していいのだが一日くらい入らなくてもいいので入らないことにしている。

4月30日に去年の7月末から延々9ヶ月にわたって続けて来た頻尿対策をついにやめてしまった。投げ出したと言うか放り出したと言うかはたまたくたびれ果てたと言うべきか。NHKの「ためしてガッテン」が教えてくれた方法は視聴した時は目から鱗と言うか、こんな方法で治るならと、一も二もなく飛びついたのであった。昼間弾性ストッキングを履いているだけで効果があると言うのだからやらない選択はなかった。
執念と根性の人だから毎日ひざ下までのきついストッキングを9ヶ月以上履き続けた。熊本へ行った時も履き続けた。真夏のクソ暑い日も履いた。当初はそれまで夜中に3回起きることが多かったのだが、それが2回になることが増えて来て、効果があると思い込んだのだが、その後、目覚ましい良化は見られなかった。それでももう少しやってみようと自分を励まし、折角ここまでやったのにここでやめたら勿体ないと思い直し、なんとかやって来たのだが4月になってとうとう「ヤーメタ」。
そもそも弾性ストッキングを履くのは血流をよくするためである。歳を取ると血流が悪くなるので弾性ストッキングを履いて血流をよくする。そうすると日中の排尿量が増えるので、夜の排尿量が減ると言う論法である。確かに理屈である。飛びついたのだが、当初から疑問がない訳ではなかった。もともと膀胱の機能が衰えてしまった人には当てはまらないのではないかと思っていたのだが、あの時点ではそれは考えないことにしたのであった。自分の膀胱が衰えているからなんて考えたくないではないか。都合の悪いことには目を瞑ったのである。
いい加減くたびれて来た事もあって、冷静に考え直した。やっぱり、膀胱の機能が衰えているのではないか。そうだとしたら「ためしてガッテン」の物理的療法?は意味がないのではないか。
これから暑くなると弾性ストッキングが辛い事も相まって、医者さんにかかってみようかと思ったのである。
4月30日に市内の泌尿器科に行く。大きくて立派な病院でビックリする。出雲にもこんなすごい病院があったとは。人工透析をやっている病院であった。9ヶ月に亘る夜間頻尿の記録も持参する。プリントアウトしたらA4で9枚もあった。先生も看護士も目を丸くしていた。
検尿して触診して超音波で診る。尿はたまっていなかった。
「タムスロシン」と言う薬を出してもらう。一日一回夕食後に飲む。
先生は尿を出し切ってしまう薬だと言っていた。ネットで調べて見ると、
【尿の出が悪い、残尿感、トイレが近いなどの症状を改善するお薬です。尿道や前立腺の筋肉の強い緊張をやわらげ、尿道内部の圧力を下げる働きがあります。】
と、あった。
効果のほどを確かめるために、性懲りもなくまた記録を取る。


12時過ぎトイレに行って就寝   7時起床してトイレに行く

 

1日(5月)               4:30            7:00
2
日               3:35              6:45
3
日                  4:10            6:55
4
日              3:10           5:45
5
日                   4:30            7:00

6日            2:45                 6:40

7日           2:30                 6:25
8
日                3:30            6:30
9
日          2:00       4:25            7:00
10
日             3:00               6:35
11
日                         5:25
12
日                        5:00       7:00
13
日                3:35           6:15
14
日                        5:00
15
日                3:35                   6:25 
16
日             3:00              6:10
17
日           2:20               5:45 
18
日              3:10            5:40
19
日            2:30              5:40
20
日                  3:50              7:00 
21
日            2:40           5:10 
22
日                  4:00              7:00
23
日                       4:50         7:00

24日              3:05               6:20
25
日               3:15             6:00                         
26
日              3:05             5:45
27
日                           5:20
28
日            2:25               5:45


7:00と記してあるのは、7時に起きてトイレに行きたくてすぐトイレに行ったことを意味している。
何も記してないのは、7時に起きたけれどトイレには行かなかったことを意味している。
そして、今日、一ヶ月検診。この記録を見せる。「これはご丁寧に」と、先生。あまり変わっていないので、薬を変える。「シロドシン」と言う薬で、朝夕飲む。お薬リストを読むと、【尿を排泄しやすくする作用があります。前立腺の肥大に伴う症状(頻尿・残尿感など)を改善する作用があります】とある。改善してほしいものだ。さて、一か月後どうなっているやら。

↑このページのトップヘ