8月25日にカーポートに走り込むタヌキを発見。タヌキはわが家の庭に移動する。目が合い暫くにらめっこしていたら裏庭へ逃げる。
Inked1598699861630_LI1598699917866
西の裏庭は草を抜いていないので荒れ放題。タヌキは縁の下の隙間から床下に飛び込む。(赤い矢印)この隙間は昔野良猫も出入りしていた。隣のMちゃんに早速相談。この際だからしっかり塞ごうと言うことに。その前にタヌキを退治しなければならない。どうすればタヌキが出入りできなくなるか?
15986999138951598699968743
Mちゃん、ネズミ捕りシートを仕掛けたらというので、早速ネズミ捕りシートを買って来て、出入り口の下に並べて置く。翌朝26日、起きてすぐ見に行ったら、シートが2枚見当たらない。恐らく夜中に出て来たタヌキが踏みつけてしまい、パニックに陥り、身体に2枚のシートをくっつけたまま逃げたのだろう。敷地内にシートは落ちていなかったから、シートをくっつけたままどこかにいるはずだ。9月5日現在目撃者はいない。さぞや暑いことだろう。可哀想だがタヌキやイタチを下宿させるわけにはゆかない。
1598699967263←Mちゃん、タヌキの穴を塞いでくれる。

このタヌキ騒動の25日に、この際だからと思い切って害獣退治を業者に依頼する。天井裏の運動会が儂が帰郷してから10年近く毎年起きているので、いつか清掃消毒し、害獣の侵入を防がなければと思っていたのだ。業者に電話したら、何と当日の夜の8時に下見すると言う。この時期、スズメバチ退治が忙しいのだそうだ。今は天井の害獣(恐らくイタチ)は出て行ってしまったので、天井と床下の掃除と消毒。イタチの侵入口を塞いでもらうことにする。
Inked1598700030731_LI1598700028520
赤い矢印がイタチの進入口。昔、出入りしたのを目撃したものの放りっぱなしにしていた。ここから天井に潜り込んでいたとは。この部屋は母屋に父母が帰郷した時に増築した母の寝室で、今は儂が寝室にしている。
1599186899009
業者は内側に忌避剤を置いてからネットで塞いだ。ネットだと風通しがいいのでネットで塞ぐのが決まりなのだそうだ。ネットは5年は持つと言っていた。イタチは同じ進入口を何年も使い、子供も同じ穴を使うのだそうだ。
1599186902338
天井の掃除であるが、天井に上がれたのは昭和50年代半ば頃に増築した台所と台所に続く居間。平成の初めに増築した母の寝室だけ。昭和10年頃離れとして建てられた二間の天井には入る所がない。鴨居から屋根まで土壁で塞がれているから廊下側からも、押し入れの天井からも入ることが出来ないのだ。完全に密室状態で害獣は土壁に開いた穴から出入りしていたようだ。
西の座敷の廊下の端に最初に増築した時半畳大の押し入れが作られていて(タヌキ侵入口の上)、そこの天井板を持ち上げることが出来たのだが、柱や板が打ち付けてあり、廊下の天井には入れず。
バラバラと多量の糞が落ちて来た。
居間の天井には枯れ草で作った巣があったよし。台所・居間・寝室の糞を掃除し、消毒、四隅に忌避剤と遅効性の餌を置いて天井は終わり。奇麗に掃除することはしないのだそうだ。TVで見る最近の住宅のようにガランとした天井とは違い、増築した我が家の天井の居間部分は昔自分も覗いたことがあるが、ジャングルのように柱が入り組み、潜り込むのも困難な状態なのである。TVでは敷き詰めた断熱材を害獣がぼろぼろにしていたのを掃除していたが、我が家に断熱材なんてしゃれたものはなし。
すぐに床下に移る。
1599186900539
母屋の西側の座敷の床下。ここにも枯れ草の巣があった。色々な足跡があったよし。ここにも忌避剤と遅効性の餌を置いてあっという間に終了。もしまだどこかから侵入したとしても、害獣は忌避剤の臭いを一度嗅いだら二度と入っては来ないそうだ。10時に来て、1時には終わってしまった。儂は一日仕事かと思っていたので、こんなことでいいのかと不安になる。見積もりは約15万だったが、二間の天井に入れなかったので約10万。高いのか安いのか。安くはない。ぼられたような気もしている。業者選びに悩み、近所に聞いて回ったが、誰も害獣退治はしたことがないので分からない。ネットで調べたら出雲にも業者がいるが誰も評判を知らない。農協に紹介してもらおうかと思ったが、農協に頼むと高いぞと言われて断念。ネットで調べて全国組織の業者がいたのでフリーダイヤルで依頼したのだ。
振込先は広島の銀行の個人名義の口座。やって来た業者とは違う。この業者も出した名刺は個人名。どうやらこの組織は個人で請け負い、さらにそこから孫請けの個人におろしているようだ。やって来た業者は広島の庄原から来たと言う。松江尾道道路の島根県境を越えたところである。何かあったらアフターケアはすると言うが、すっきりはしない。春秋が繁殖シーズンだと言うが、まずはこの秋が静かなことを祈るばかり。儂はさっさと片づけたくて、相みつをとらなかったが、もし害獣退治をする人があったらしっかり相みつをとることをお勧めします。

今は台風10号が心配。出雲はそれほどひどくはなさそうだが、一応停電の対応だけはしておく。何年前かにカセットコンロを買ってあるので、風呂に水を張っておく程度。
心配なのは熊本、妻の実家はおそらくひどいことになるだろう。覚悟している。