特別給付金が支給されることが決まった時から、このお金は寄付しようと決めていた。儂はコロナで仕事がなくなったわけではないし、幼い子供を抱えて苦労しているわけでもない。身内がコロナに罹って大変な思いをした訳でもない。コロナと戦う医療従事者でもなければ、施設で献身的に働いている介護従事者でもない。犠牲的に働いている人たちや辛い思いをしている人たちが大勢いるのに、儂みたいに島根県の片田舎で、多少感染者が出たとはいえ、大過なかった男が10万円を個人的な楽しみに使うことにためらいを覚えていたのだ。勿論、10万円を消費にまわすことが社会にお金を回すことになり、小さなお店の経営を助けることになるのはわかっているのだが、どうせ使うなら意義のあることに使いたかったのである。だが、5月末に出雲市に申請書を送り返した時点でもまだどこへ寄付したものか迷いに迷って決まらなかった。寄付してあげたいと思う所が余りにも多すぎて。雇止めになった母子家庭の子が御飯が食べられなくなり、援助されたお米のご飯に久しぶりにありついて感激したなんて話を聞いたら、米ぐらいぐらいたらふく食ってくれと寄付したくなるではないか。医療を必要とする障害児の家族を支えている人たちの活動を知ったら支援したくなる。10万円を1万円ずつ10ヶ所に送ろうかなあなどと考えていて、ふと、一番身近な人間のことを忘れていることに気が付く。妻に何もしてやらなくていいのかと。妻もコロナの被害者である。マッサージも受けられず、儂みたいな男でも会えば気分転換にはなったろうにそれも出来ず、車椅子散歩も出来ず、この春は花見も出来なかった。何はさておき、妻にこそ何かしてやらなければならないと思ったのである。そして、その余った分を寄付に回しても許されるのではないかと。
1591016568312
そこで取り寄せたのが『白いイチゴ』。この4月末から5月の間、儂は作ったイチゴを特養へ4回差入れした。内2回は妻と妻のユニットへ。後の1回ずつはお世話になっている事務室と看護室へ。だが、いくら気持ちを届けると言っても、素人の作った余り甘くもないイチゴに内心忸怩たる思いを抱いていたのだ。胸を張れるような甘いイチゴだったらそうは思はなかっただろうが。
儂は考えた。イチゴシーズンの最後は、飛び切り美味しく、珍しいイチゴで締めくくってやろうと。妻もユニットのお年寄りも白いイチゴは食べたことはないはずだ。きっと目を丸くしてくれるに違いない。結構いい値段がする。特別給付金でも出なければおいそれとは買えないイチゴである。2箱は妻と妻のユニットのお年寄りとスタッフへ。1箱は事務室と看護室にそれぞれ。6月1日に事務室に届けた。「遠慮せずに食べてください。特別給付金が出ますから」と断って。
ちょっと気分が晴れやかになって、心にも余裕が出来て、またふと思った。儂の為にも少しだけ使ってもいいのではないかと。そこで買ったのが、
1591016638420
防草シートである。畑の通路に敷く雑草を抑えるためのシートである。いま隣の畑との間に敷いているシートが4年目でぼろぼろになってしまい敷き直す時期に来ていたのだ。安物を買ったので3年目からひどくいたんでいて今年は替えなければならなかったのである。これは20mあって10年持つ。シート押えのピン代をふくめても6000円はしなかった。これで妻の為にも自分の為にも使った。後顧の憂いなし。余ったお金は晴れて寄付に使える。
去年会ったSさんの顔が浮かぶ。
幼い時「キカイダー01」のファンだった方で、今はDPI(障害者インターナショナル)の事務局長をしている方である。この人と会った時の事はブログでも紹介した。実はこの後、このDPIの賛助会員になることを考えたのだが、会ってすぐ賛助会員になるのも何だか軽すぎる気がして躊躇っていたのだ。賛助会員になれば会報も送って来る。障害者問題だけではなく、差別や、国際的な条約などとても幅広くさまざまな分野で活動している組織である。会員になるからにはそれなりの覚悟もいると思っていたのだ。そうこうしている間にコロナ騒ぎとなり、母のグループホーム入所も重なり、賛助会員どころではなくなったのだが、ここへ来て、特別給付金も貰えることとなり、今こそ賛助会員になる時だと思ったのである。
と、いう訳で賛助会員になる訳だが、ここでSさんこと佐藤聡氏を紹介する新聞記事を転載する。いつか紹介しようと保存していた記事です。新潟の地方紙に載った記事だそうです。
1586259008959

こういう記事を読むと人の顔が見えて来る。儂がこういう人が頑張っているところに寄付したいと思った気持ちも分かって頂けるかと思って紹介した次第です。

賛助会員になるにはこちらから

http://dpi-japan.org/join/sanjokodoku/  

DPIのこともよくわかります。

 

寄付はこちらから

http://dpi-japan.org/join/donate/
寄付金の使途の指定もできますよ。