夏風邪をこじらせて10日余り寝ていて気がかりだったのがお墓の草取りと畑の草取り。どちらもサバンナかと言うほど草ぼうぼう。どうしようかと思っていたところに助けてくれたのが隣のMちゃん。毎年、手が足りないところは助けてくれるのだが、今年は儂が身動きできないのでお墓のみならず、庭まで草退治を手伝ってくれる。勿論無料ではないがシルバーさんと同じ料金で自分が働きに出る前の早朝や仕事から帰った後の夕方にやってくれるのだ。おかげで回復した時にはお墓は終了。引き続きMちゃんが庭の掃除をしてくれていた間に儂は畑の草退治に全力集中できた。放置しておくと大変なことはわかっている。特に今年は異常な暑さのせいかどこも雑草の勢いに音を上げている。9月前にバタバタしたくないので早く畑を片付けたかったのである。夏野菜はトマトやナスなど例年ならまだ植えているのだが、今年はトマトは固くて旨くないし、ナスは種だらけになるし、サラダ甘長も苦くなって生では食えなくなった。もう未練はないのでとっとと抜いて整理してしまおうと思ったのである。例年なら秋ナスを試みるところだがその気もなくなった。
PXL_20210806_080529667PXL_20210806_082630740.MP
左)8月6日
トマトとサラダ甘長の前に広がるカボチャ畑だが雑草に埋まってカボチャはどこにあるのやら。
右)8月6日
病み上がりにイオンのアスファルトの駐車場に立った時は灼熱の蜃気楼の中にいるのかと思ったほどの暑さだったので、朝7時半に草削りを開始、暑くて9時に上がる。
PXL_20210807_071547220.MPPXL_20210807_225103156
左)8月7日朝
前日は夕方から草削りをしたので朝の9時ごろにはかなり開拓できた。
右)8月7日夕方
朝夕頑張ったので、手前のカボチャ畑だった二畝分は完全に草を削り取る。
PXL_20210808_020731194.MPPXL_20210808_063740194.MP
左)8月8日昼前
朝から曇りだったので午前中いっぱいひたすら草を削る。接近する台風9号のせいで午後3時頃から雨になるという予報だったので、草も全部燃やしてしまいたかったのである。
右)8月8日午後3時ごろ
草もほぼ燃やし終わる。
PXL_20210808_043739799PXL_20210808_092342843
左)8月8日午後
時間があったので池の東側の畑にも手を付ける。背の低いナスを6本抜く。背の高い4本は儂よりも背が高い。そのうえ木が太く鋭いとげまであるので今日は手が出せず。手前のミニピーマン、紫唐辛子、ミニパブリカは抜く。その隣のイチゴも抜くが、雑草にまでは手が回らず。
右)8月8日夕方6時
夕方4時半ごろから強い雨が降り出す。写真ではわからないが雨がざああざあと降っている。西の畑の整理無事終了。トマトはミニトマトが食べられそうなのでミニだけ残している。雑草が残っていたらこの雨でさらに勢いを増すだろう。しかもこの後天候不順で雨が続くようだ。いいタイミングで終わらせることができた。これでお盆の準備に取り掛かれる。
肩が痛い。三日間、草削りをしたせいだ。文字面は楽そうに見えるが、夏草の根は深くしっかり張っているので簡単には削れなかったのだ。