曽田博久のblog

若い頃はアニメや特撮番組の脚本を執筆。ゲームシナリオ執筆を経て、文庫書下ろし時代小説を執筆するも妻の病気で介護に専念せざるを得ず、出雲に帰郷。介護のかたわら若い頃から書きたかった郷土の戦国武将の物語をこつこつ執筆。このブログの目的はその小説を少しずつ掲載してゆくことですが、ブログに載せるのか、ホームページを作って載せるのか、素人なのでまだどうしたら一番いいのか分かりません。そこでしばらくは自分のブログのスキルを上げるためと本ブログを認知して頂くために、私が描こうとする武将の逸話や、出雲の新旧の風土記、介護や畑の農作業日記、脚本家時代の話や私の師匠であった脚本家とのアンビリーバブルなトンデモ弟子生活などをご紹介してゆきたいと思います。しばらくは愛想のない文字だけのブログが続くと思いますが、よろしくお付き合いください。

7月31日、島根県が梅雨明けする。去年より5日、平年より9日遅い梅雨明け。日照時間は平年の約40%しかなく、雨量は約160%ほどだったらしい。雨は多いいと言っても、出雲地方は江の川が氾濫したほど降った訳ではない。ぐずついた日が続き、思い出したように激しい雨が降り、梅雨の晴れ間と言うほどの晴れ間もない、じめじめした気持ちまで湿っぽくなるような日の連続であった。コロナが輪をかけて気分を滅入らせた。
その長い梅雨の一コマ。
1596455616425
7月12日
東京の娘に送った野菜。坊ちゃんカボチャの初物となんとか食べられそうなトマトと白ナス緑ナスなど。
15964555042201596455445118
7月18日
梅雨の合間の爽やか『しそジュース』 毎年、畑先生が作って分けてくれる。濃縮したものを薄めて飲む。抜群にうまい。うっとおっしい梅雨を忘れさせてくれる。右の写真がその材料になる赤紫蘇。玉ねぎとじゃが芋を収穫した後に毎年生えて来て、あっという間に大きくなる。畑先生は葉っぱを取って煮込んで作る
15964552966521596455298675
7月18日
娘に野菜を送った頃はトマトもまだよかったのだが、その後、長い梅雨のダメージが一気に出たのか、トマトがすっかりイカレてしまう。真っ赤に熟してくれない。腐ったり、斑が入ったり、トマトに雨は天敵だ。ミニトマトは雨が当たるとすぐに皮が破れてしまうので沢山なっているがまともに食べられるものがない。娘に送ったミニトマトの数が少ないのもほとんどが割れてしまったからである。
ネギもいけない。成長する気配が見えない。ネギを殺すには雨が三日降ればいいと言われているということを今年初めて知る。
15964552259591596455221941
7月26日
坊ちゃんかぼちゃもいけない。もう葉っぱが黄色くなり始めた。8月4日現在はもう枯れかけたところがある。畑先生は「今年は葉っぱも大きくならんが」と、言っていた。娘に送った後、収穫できたのは8個だけ。この後獲れそうなのも数えるほど。不作だ。元気がいいのは茄子だけのように見えるが、茄子だってお日様が欲しいはず。
15919429728041596455128924
7月27日
しじみ売りのおじさんがやって来る。左端が普通のしじみ。右端は1.5倍はある。どうしてこんなに大きいのかと聞いたら、去年禁漁区にしていたところを今年から解禁したからだと言う。儂はこのおじさんは神西湖でシジミ採りをしていると思い込んでいたが、よく聞いたら神戸(かんど)川で漁をしているのだそうだ。我が家の近く、日本海に流れ込む大きな川だ。上流の佐田には須佐神社(素戔嗚尊・スサノオを祀る)がある。
そのおじさんがシジミを買ったら自分が作ったスイカ(四分の一)をサービスしてくれる。いまスイカはJAのラピタで六分の一カットが税込みで645円もする。おじさん出血大サービスである。今年は近所のスイカは軒並みカラスにやられている。畑先生は防御しているのに9個もやられたと嘆いていた。おじさんは畑にカラスよけのテグスを張りまくったと笑っておった。
こうして7月31日の梅雨明けを迎えた。
1596455078811
7月31日
草ぼうぼう。途中で草抜きが嫌になる。お隣も雨で外へ出られなかったから草原状態。梅雨明け十日の一番暑い時に草抜きをしないといけない。
15964548418471596454837599
8月2日
東の畑。じゃがいも、レタス、人参、イチゴなどを作っていたところ。梅雨の合間にこちらは少しづつ草取りをしておいたので、梅雨明けと同時に一気に耕運機で耕し、残り物の石灰、3種類を撒いた。9月になってばたばたしたくないので早めに準備しておく。出来たらお盆過ぎには人参の種を播いたり、レタスの苗を植えてしまおうかと思っている。
15964549571521596454953645
8月2日
去年の秋から作っている堆肥。お隣の田圃の切り藁と落ち葉を混ぜて10ヶ月近く寝かせておいた。
15964547693441596455078811
8月4日
西の畑。右の写真のさつま芋とトマトの間の雑草を抜き、玉ねぎ畑の後を掘り返しては上の堆肥をぶち込む。
西の畑はこのほかにまだカボチャがあるので、時間がある時に少しずつ気長に堆肥を入れえて行く予定。
15965144575911596514422354
8月4日
左:生育の悪いネギと生育の良いナス。
右:地這えのミニトマト。雨が上がったので皮が破れなくなった。やっとこれから食べられるようになる。大きいトマトもこれからやっとまともに育ってくれるだろう。トマトはガンガン暑くなって畑もカラカラに乾いたぐらいの方が甘くて美味しい。しかし、暑いのはこたえる。
明日はお寺の『施餓鬼』。今年は説法も『うどん供養』も取りやめ。冷やしたうどんを食うだけなのだが、たれが秘伝の味らしく、滅法うまくて何杯でも食える。今年は弁当を頂いて帰ることになっている。

長い間、寝ている間に3回はトイレに立っていたのだが、夜間頻尿対策を始めて10日めの昨夜は1回しか行かなかった。正確に言うと、真夜中の2:30に1回。2回目に催したのが朝の6:45。毎朝7:00に起きているので我慢して7:00に起きてトイレに行ったのだが、これは大目に見て勘定の内に入れないことにしても許されるだろう。対策開始10日でこの効果は誇っても良いのではないかと思い、夜間頻尿に悩む御同輩や将来の予備軍のためにご報告することにしました。

2、3年前頃からか夜起きてトイレに行く回数が気になり始めていたが、それほど深刻に考えてはいなかった。それが今年になって急に辛いと感じるようになった。朝すっきりと起きられない。寝たりないなあと思いながらどんよりした頭をふりふり動き出す。午前中はどうにかパソコンに向かっていられるのだが、昼飯を食って午後になるともういけない。眠気がひどくなり、頭がぼーっとして思考がまとまらない。今は「多胡辰敬」の小説の先の方を書いているのだが、まるで進まない。毎日、読み直しては書き直してばかり。体操選手の着地がぴたりと決まるような文章が書けない。
妻が特養に入ってからは夜は11時に寝て、朝は7時に起きる生活を続けて来た。両親の朝の世話があるからどんなに眠くても起きなければならない。父が死に、母がグループホームに入ったので、朝はゆっくりしても良くなった。いつまで寝ていてもいいのだが、性分が許さない。そういうだらしない生活をしたくないのだ。7時に起きて最大限に一日を使いたい。9時前には「コメダ」に入って午前中はパソコンに向かい、「神立食堂」で昼飯食って、午後はイオンの「アレア」でまたパソコン。夕食食ったらまたパソコン。それが理想のルーティーンだったのだが、それも最早風前の灯状態に陥ってしまったのである。
11時に寝たら、1時から2時頃までに1回目のトイレ、2時から3時半頃までに2回目、3時半から5時頃までに3回目。そして7時に起きてのトイレが4回目となる。
1回目のトイレの時はいつもかなり寝たような気がしていたのだが、時計を見たらまだ1時だったりして愕然となっていた。「まだ1時かよ」ぼやきながらトイレに行っていた。そして「3時かよ」「5時かよ」と嘆きながらトイレに行く夜を続け、いよいよ病院にでも行かないといけないのかなあ。それも面倒くさいし、かったるいなあと思っていた時、偶然、NHKの「ためしてガッテン」で夜間頻尿の対策を放送したのであった。ご覧になった方もいるだろうが、見ていいない人もいると思うのでご紹介する。これは受け売りだが、その後に儂ならではの+αとなったと思われる要因を紹介します。

先ずは夜間頻尿のメカニズムから。
取り込んだ水分は血管に入り、体内を巡り、膀胱にたまり、排出される。その血液を体内に送るポンプの役割をするのが心臓であるが、実はもう一つポンプがある。ここがミソ。それが足の脹脛(ふくらはぎ)の筋肉。これが末端まで回って来た血液を心臓まで送り届ける役割を果たしている。ところが加齢で脹脛の筋肉が弱くなると血液を十分に送ることが出来なくなり、水分は脹脛にたまってしまう。そうするとどうなるかと言うと、夜、寝た時に足は水平になるので途端に血の流れがよくなり、膀胱にどんどん水分がたまる。それが夜間頻尿になるのだ。
その証拠に若い人は日中の排尿量は多く、夜間の排尿量は少ない。だが高齢者は当然の如く日中の排尿量が少なく夜間の排尿量が多くなる。
そこで対策としてあげられたのが、日中の血流をよくする方法。日中沢山排尿すれば、夜は少なくなる道理である。その一つが「弾性ストッキング」を履くこと。入院患者がエコノミー症候群を予防するために履くようなやつである。他にも紹介されたが、ただ履いていればいいので儂は金はかかるがこちらを選ぶ。
15957617414311595761738385
3300円もするストッキング。高血圧や心臓病、腎臓が悪い人など使えない人がいるので医者に相談してから使わなければいけない。膵臓が悪い人はだめとは書いてなかったので医者に相談することなく買う。気がかりだったのは、この夏にひざ下まであるストッキングを履くこと。蒸し暑さに耐えられるかと心配だった。履くのに苦労するくらいきつく締め付けるのである。しかし、履いてみると思ったほど蒸し暑さは感じなかった。
足首と脹脛の周囲の長さを計ってから購入。
購入したのが7月17日。その日の午後から履く。履くのは日中だけで、儂は7時半ごろから夕方の5時半頃まで履く。
18日 夜中3回
19日 2:40  5:30
20日 6:00
この時点で、奇跡が起きたかと舞い上がったが、さすがにこれは何かの間違いだったようだ。たまたま何かの拍子に偶然起きたようだ。翌日からメモを取る。
21日 2:40  5:30
22日 1:20  4:40  6:30(やっぱり何かの間違いだと思う)
23日 3:00  6:30
24日 2:00  6:00
25日 2:40  5:30
26日 2:45  5:00  6:30
27日 2:30  6:45(7:00にトイレに行く)
朝起きてすぐにトイレに行く(儂の場合は7:00)のも専門的には夜間頻尿に数えるので、夜中に3回起きていた儂の正しい夜間頻尿数は4回なのだが、ここでは寝ていた時だけを勘定する。一目瞭然、ほとんどの日で一回目に起きていた1時台の排尿がなくて、ほとんどの日が3回のトイレが2回に減っていることが分かる。そして27日は2:30に一回起きただけとする。「ガッテン」では一ヶ月ぐらいしたら効果が出ると言っていたが、たった10日でこんなにも効果があるものなのか。嬉しいのだが、やっぱり間違いではないのかと半信半疑。本当にこういう経過をたどって良くなるのか、そこまでTVでは言ってなかったし……。「なんでだろう、なんでだろう」とテツ&トモのように呟いていてはたと思い当たることに気が付く。
鍵となったのはこの言葉。「加齢で脹脛の筋肉が弱ると……」
儂の脹脛の筋肉はそんなにひどく弱ってはいないのではないかと言うことだった。1年10カ月前からウォーキングをしていることはこのブログでも書いている。始めた頃は36、7分かかったコースを今は早い時は31分で歩いている。まだある。去年の暮れからラジオ体操もしていた。運動をやり始めると一種の中毒状態になる。ウォーキングだけでは物足りなくなってラジオ体操も始めたのだ。YouTubeがあるのでスマホさえあればいつでもどこでも出来る。第一から始めて、物足りなくなって第二もやって、首の運動もあることに気が付き、第一首第二を毎日やっている。それだけではない。先月の6月24日から3つ目の運動も取り入れた。これは自粛生活で家に居る人の為に大学の体育の先生がTVで教えてくれたスクワットである。普通のスクワットにブルガリアンスクワットをプラスしたスクワットでこれは効いた。完全に筋トレである。まだ一ヶ月にならないけれど、回数を増やしたらみるみる脹脛が膨らんで行った。儂の脹脛は思った以上に鍛えられていたのではないか。そこへ「弾性ストッキング」の刺激が加わって効果を上げているのではないか。今ではそう信じている。儂の脹脛パンパンだもの。
一喜一憂せずに続けてみる。夜間頻尿0を目指して。来月の終わり頃、また報告します。

面会がまた中止になってしまった。6月24日と7月8日とまだ2回しか面会していないのに。
何と例の出雲市で発生した女子大生コロナ患者の所為だと言う。2ヶ月ぶり、25人目の患者だ。以下は山陰放送のテレポート山陰のニュース。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

女子大学生の感染 1000人規模のPCR検査実施へ 

2020716

島根県立大学出雲キャンパスに通う女子大学生が新型コロナウイルスに感染したことを受け、 県などは、出雲キャンパスに通う学生・教職員およそ600人と接触者ら、最終的におよそ1000人規模でPCR検査を実施する見込みです。
県によりますと、15日に検査した106人は全て陰性で、女子大学生の接触者94人も含まれているということです。 女子大学生がアルバイトをしていた出雲市の「ナンバホームセンター出雲ドーム店」は、客と従業員の安全を考慮し、15日から臨時休業しています。 店の本部によりますと、女子大学生は7月8日と12日に勤務していましたが、発熱などはなく、 マスク着用やアルコール消毒の感染予防策をとっていたということです。店は、今後も保健所と連携し、接触者の確認に努めるとしています。 16日に新たに分かった女子大学生の行動歴は、6日と7日に大学に登校。 6日・7日・9日・12日・13日に「やきとり家すみれ出雲店」でアルバイトをしていました。東京での滞在先は友人宅だということです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
上京して新宿の小劇場で7月1日~5日まで連日観劇してコロナをうつされてしまったのだ。
儂は15分の面会を2回、延べ30分しか会っていないのに、女子大生はイケメン俳優に延べ何百分見とれていたのかと思うと言うまいと思えど「なんだかなあ~」である。本当は厳しい言葉をぶつけたいところだが、自分の年齢も考えないといけないし、個人攻撃や、コロナ患者への偏見を増長させるようなことになってはいけないのでこういうところでは言わないことにしている。
先日、娘が東京からスマホ面会した時、時間になったので「お母さん、娘に最後に言っておくことないなの」と聞いたら、「○○ちゃん、がんばるのよ」と言ったそうだ。「その時のお母さん、一瞬きりっとしたような気がしたよ。お母さんの中に残っているものがあったんだねえ。そんな気がしたよ」と娘が言っていた。だから、儂も次の面会を楽しみにしていたのだ。おかげで、また、いつになるかわからなくなってしまった。
家族の落胆は大きいけれど施設の人たちも大変だ。「ナンバ」は近い場所にあるし、儂も時々買い物に行く。今回は前回までと違い、接触者が膨大だからそれは神経を使うことだろう。実は娘が今週にスマホ面会の予約をとろうとしたら、今週は連日会議があって無理になったと言っていたが、きっとこの件で対策の会議をしていたに違いない。
たった一人でこれだけの影響が及び、これだけの騒ぎになる。GoToキャンペーンなんて正気の沙汰とは思えん。政府は重症者はでていないから少々感染者が出ても経済優先で行くと決めたのだろうが、つけは必ず弱い者のところへ行く。今頃になって慌てて東京だけは除外するそうだが姑息なことをする。為政者への信頼をまた一つ減らしただけだ。とっくにありはしないのだけれど。
妻が好きなスイカでも差入れしてやろう。それしか出来ることがない。

↑このページのトップヘ