曽田博久のblog

若い頃はアニメや特撮番組の脚本を執筆。ゲームシナリオ執筆を経て、文庫書下ろし時代小説を執筆するも妻の病気で介護に専念せざるを得ず、出雲に帰郷。介護のかたわら若い頃から書きたかった郷土の戦国武将の物語をこつこつ執筆。このブログの目的はその小説を少しずつ掲載してゆくことですが、ブログに載せるのか、ホームページを作って載せるのか、素人なのでまだどうしたら一番いいのか分かりません。そこでしばらくは自分のブログのスキルを上げるためと本ブログを認知して頂くために、私が描こうとする武将の逸話や、出雲の新旧の風土記、介護や畑の農作業日記、脚本家時代の話や私の師匠であった脚本家とのアンビリーバブルなトンデモ弟子生活などをご紹介してゆきたいと思います。しばらくは愛想のない文字だけのブログが続くと思いますが、よろしくお付き合いください。

その前に前回からの続き。8月24日から9月22日まで夜間トイレに行った時刻。11時就寝。7時起床は変わらず。


24日                    3:50            6:30   
25日                         4:50                                   
26日                        4:35                   
27日      1:10                           6:30       
28日                   3:30                             
29日 11:40                        5:10
30日                  3:20               6:15
31日                             5:10               
1日                              5:20              
2日                             5:05                
3日         1:40                        5:25             
4日                           4:50                
5日                       4:00                         
6日        1:20                    4:35                 
7日                               5:30           
8日                                5:50          
9日                        4:25                 
10日                        4:30                 
11日                             5:00            
12日    0:30          3:05             6:00       
13日            2:10                  6:00              
14日                          4:50              
15日                      3:50                       
16日                 2:50              6:00      
17日               2:30                                 
18日       1:05          3:00           5:40       
19日         1:35         3:25            6:15     
20日                           4:40               
21日                       3:55                        
22日                    3:25             6:20     

こうしてみると、夜間一回が25日、26日、28日、31日、1日、2日、4日、5日、7日、8日、9日、10日、11日、14日
、15日、17日、20日、21日となり、前回の記録よりも明らかに1回の日が多くなっている。9月17日頃にはいよいよ治ったかなと思ったのだが、途端に18日、19日と二日続けて三回起きる。それまで2回はあっても3回はほとんどなかったので、二日続けての3回には本当にがっかりした。
9月7日から11日までは夜間一回で起きる時間も明け方で現状では満足すべき睡眠である。この状態が続きやがて起床まで一度も起きないようになれば最高だと思っていたのだ。
この11日から12日が出雲地方の季節の変わり目で、この夏9月11日までは毎晩エアコンを使っていたのだが、
11日の夜からはエアコンをぴたりとやめる。普段の生活でも12日以降は汗をかくことがなくなった。今や朝夕は肌寒いぐらいである。暑い夏しっかり汗をかく生活から涼しい生活に変わって体調にも反映したのかなと思っている。まだ弾性ストッキングをはき続けなけければならない。慣れたがさすがに面倒くさくなってきた。このくそ暑い夏によくぞはき続けたものだと我ながら呆れている。

さて石原慎太郎も夜間頻尿だったと言うお話。文芸春秋の7月号に石原慎太郎の「闘癌記」が寄稿されていた。膵臓癌の手術を受けた手記である。わしも膵臓が悪いから興味があって読んだのだが、その膵臓癌を発見するてがかりになったのが夜間頻尿だったのである。石原慎太郎は長い間夜間頻尿に悩み泌尿器科に通っていたのだが、腎臓のエコーを撮ったところ膵臓のあたりに影があるから精密検査をしましょうと言うことになり、検査の結果膵臓癌と判明。大きさは2㎝で転移はなく、重粒子線で焼いて完治したのである。
わしも9月の初めに定期検査を受け、嚢胞の大きさは1㎝で変化なしだった。2㎝までなら大丈夫なことが分かる。もし2㎝になったらわしも重粒子線を当てればいい。少し気が楽になった。87歳の石原慎太郎のお陰である。
実はわしは石原慎太郎が嫌いであった。傲慢が服を着て歩いているように見える。才能があって、頭も良くて、自分は何でもできると思い込んでいる。辟易していたのだが、何とわしと同じ夜間頻尿でわしよりも長い間悩み続け、しかも膵臓が悪い(わしよりも重い)ところまで同じだなんて。あんなに嫌いだった男だけど今は妙に親近感を抱いている。
ところで石原慎太郎は夜間頻尿は治ったのだろうか。儂の方法を教えてやろうかな。でも「ためしてガッテン」で教わった方法と知ったら「馬鹿にするな」と怒りそうだな。

                          
                          






               






第四章 初陣(5

 

 牢から出された次郎松は一言も詫びがないと怒っていたが京極邸から出て行こうとはしなかった。長屋をねぐらに賭場通いの日々に戻ったが、百年に一度の運気に水を差され、その後はいい目が出ないとぼやいていた。それでも初戦の赫々たる戦果が忘れられず、未だ御守の力を疑う気配はなかった。辰敬は次郎松には申し訳ないがぼろ負けして多胡博打を忘れてくれる事を願った。

 その後、辰敬は夜の警固を勤めながら深夜の庭で一人剣術の稽古を始めた。顧みて武士たる者が無為な日々を過ごしていることに気が付き愕然としたのである。随分無駄な時間を過ごしたものだ。勿体ないと悔やんだ。座禅も組んだ。見よう見まねだがこの年十五歳になる若者は真剣であった。

 午前中は寝て午後は長屋の部屋に籠もり先ずは四書五経に取り組んだ。だが辰敬はこれまでまともな学問はして来なかった。公典に四書五経を教わったと言っても、しわくちゃの反古の一枚から始まったもので、子供にも分かる処世訓程度のものであった。学問と呼べる深さには到底届いてはいなかった。改めて取り組むとちんぷんかんぷんで乏しい知識と経験を総動員してこんなことを言っているのかと想像するのが精一杯であった。

だからと言って師につくことは躊躇していた。都にいればこそ名僧知識や学者にはことかかない。親もそのような師から学ぶのを期待しているのは分かっているのだが……。そこにこそ上洛した意義があるのだが……。もし厳しい師についてしまったら寝ころんで本を読んでいる事など出来ないだろう。

実は辰敬は四書五経を放り出し、日がな寝転がって草紙類を読み耽っていたのだ。公典のところで反古の断片ではあったがこの類の本が面白いことは知っていたので虜になるのに時間はかからなかった。後は手あたり次第に軍記物や往来物、和歌集や連歌集、源氏物語に、果ては天文、暦、算学書、農業書など文字が連ねてあるものは片っ端から読み耽った。京極邸の納戸には今や誰も読まなくなった書物が埃を被っていたのである。

 辰敬は寝食を忘れ本の世界に没頭した。何物にも代えがたい至福の時間だった。こうして多くの本を乱読しているうちに、辰敬は武士の子にしては妙な本ばかり読むようになった。それは天文や暦、算学、医学、薬草、農学などの実用書の類であった。

 田舎育ちの辰敬は小さい時から虫捕りに明け暮れていた。百姓の目を盗んでは麦畑にもぐり込み雲雀の巣を捜したものだ。雪や雨の多少で作物の出来不出来を予想したし、山の味覚もいつどこに何が実るかは掌を指すように分かっていた。そんな子供だったから出雲の田園を思い出しながら農業書を読んでいると、都と出雲では同じ作物でも種まきの時期も違えば育て方も違う事がとても面白く思えたのであった。

 地方によって枡の大きさが違う事にも驚かされた。都に出て来て漠然と出雲とは枡の大きさが違う事に気がついていたが、その違いを深く考えた事はなかった。地方によってこんなにばらばらだったとは。

 多胡家の石見中野の知行高は四千貫であった。なぜ貫高で表わすのか子供の頃何となく疑問に思った事があったが辰敬はようやくその訳が分かった。都のある山城の百石と出雲の百石では枡の大きさが違うから、同じ百石でも実収入に差が出てしまう。これを銭に換算しておけば山城の百貫も出雲の百貫も収量は異なっても実収入は同じだ。不公平はなくなる。土地の価値は米の石高では正確に表せない。銭に換算して何貫の米が取れるかで決まるのだ。凄い発見ではない。至極当たり前の事だが自分で気がついた事が嬉しかった。

 辰敬はさらに考える。どうして、土地によって枡の大きさが違うのだろう。不便ではないか。統一すればいいのに。なぜ統一しないのだろう。誰も考えなかったのだろうか。そんなはずはない。誰もが統一した方がいいと思っているに決まっている。これは公方様の役目ではないのか。公方様が日本中に号令すればいいことではないか。どうして公方様は統一しないのだろう。公方様はその重要性に気が付かないのだろうか。だったら誰かが教え強力に推進すればいいではないか。どうして誰も教えないのだろう。こんなにいいことをどうしてやろうとしないのだろう。それが(まつりごと)ではないのか。辰敬は枡の大小からそんなことを考える若者だった。

 米の作り方、野菜の作り方、水の管理、堰の作り方、肥料の作り方、天気予報、暦の見方、薬の作り方、病気の予防、虫害や鳥獣害対策、道中の用心、信仰……日常生活のすべてに亘って、知恵が詰まっていた。辰敬は感心した。何と分かりやすく役に立つ情報ばかりなのだろう。知恵の宝庫だった。こんな世の中なのに、庶民は逞しく生きている。無法の世に生活の知恵で張り合っている。名もない庶民の息遣いが聞こえて来るのだった。

 

 六月、突如、三好之長が如意ヶ岳に陣を敷いた。如意ヶ岳は東山連峰の東大文字山の頂きを占める山塊である。そこからは鴨東から鴨川を越えた京の町が一望に見渡せる。

 俄かに都は騒然となった。

 近江の六角氏を頼った前将軍足利義澄は、琵琶湖湖岸に浮かぶ九里(くのり)氏の本拠水茎(みずくき)岡山城(現在の近江八幡市)に庇護されていた。同じ近江に潜伏している前管領細川澄元や三好之長らと共に中央復帰の計画を進めていたのである。

 辰敬は本を投げ出し鴨川の堤へ走った。

 正面に大文字山を望み、如意ヶ岳の辺りに目を転じながらいちの身を案じた。もし三好勢が攻め下りて来たら、いちの寮があるであろう辺りは戦場になるが、そんな事は土倉の泉覚坊も百も承知。もう今頃は退避しているだろう。己が無力が哀しい。遠くにあっていちを思い続ける事の切なさを噛みしめていた。

 管領細川高国は直ちに反撃した。高国勢は高国の被官衆に大内義興と畠山尚順の被官衆が加わり、総勢二万を越える大軍であった。折しも嵐を思わせる梅雨の大雨の中、高国勢がぬかるむ山肌に足を取られながら如意ヶ岳によじ登るとすでに三好勢は逃げ去っていた。後には弓矢や具足、盾、鑓などがことごとく捨てられていた。暴風雨と予想を越えた大軍に戦意を喪失したのだろう。三好之長はまたもや身を隠してしまった。

 将軍足利義尹は義澄一派を一掃するために近江に潜伏する細川澄元と三好之長らのあぶり出しにかかった。義尹は将軍御内書を伊賀、美濃、伊勢、越前に発し、山門にまで出兵を促した。まともに立ち向かっても勝ち目のない事を悟った足利義澄は起死回生の謀略を巡らした。

 

 十月、深夜。

 武家御所の寝殿で就寝中の将軍義尹が賊に襲われた。同朋衆半阿弥の手引きで、夜討ち上手の円珍なる者ともう一名が太刀と長刀で義尹に斬り付けたのだ。義尹は前夜に酒宴があり酔って寝ていたにもかかわらず、賊に気がつくと咄嗟に灯火を消し太刀を取って防戦した。番衆は誰一人として助けには来なかった。呆れた事に番衆も酔っ払って寝込んでしまい襲撃に気がつかなかったのである。

 義尹の寝衣は乞食と見まどうほどにぼろぼろに切り裂かれ、全身に七ヶ所とも八ヶ所とも九ヶ所とも言われるほどの刀傷を受けたが奇跡的に浅手ですんだ。乳母日傘で育った将軍だったら一太刀で落命していたであろう。やっと掴み取った将軍位への執着が義尹の必死の防戦を支えたのだ。流浪を重ね艱難辛苦を舐め尽した将軍だからこその奇跡であった。

 賊が逃亡した後、血まみれの義尹に呼ばれ、番衆は初めて襲撃を知った。前代未聞の大事件に都中が仰天した。

 この暗殺未遂事件は義澄が円珍に依頼したものであった。円珍は時宗の悪党で忍びの心得があった。夜討ち上手の異名を取るぐらいだから名うての暗殺者だった。前将軍派は乾坤一擲の非常手段に訴えたのである。阿修羅の如く斬り付けた太刀の一つが、後一寸深ければ暗殺は成功していたであろう。失敗の報を受けて義澄は天を仰いで切歯扼腕した。

 辰敬も驚いた事は言うまでもないが事件そのものよりも気になる話があった。

 それは円珍たちが武家御所を脱出した時、気がついた門番達が追おうとしたら何処からともなく飛礫が襲いことごとく門番達を打ち倒したと言う話であった。その話を聞いた瞬間、辰敬は飛礫を放ったのは石童丸ではないかと思ったのである。

 かつて辰敬は石童丸の飛礫の正確無比かつ凄まじい威力を目の辺りにした。闇の中でも飛礫を打つと石童丸が豪語したのも聞いた。根拠はそれだけだが辰敬には石童丸以外の人間は考えられなかった。闇の中で百発百中の飛礫を打てるのは石童丸をおいて他にはいないと思っていた。となると石童丸は武士に取り立てられたのだろうか。

 深夜の京極邸で遭遇した石童丸が、

「武士になる」

 と言った顔がまざまざと甦った。

 阿波細川家とか三好家に奉公が叶ったのであろうか。前将軍義澄の(かち)走りにでもなれたのであろうか……。はっきりしていることは、将軍暗殺と言う重大な任務の一端を担うほどに腕を買われたと言う事実だ。辰敬は石童丸が着実に己が目的に向かっていることを確信した。顧みて辰敬はどこへ向かっているのか。何をなさんとしているのか。

 

 永正七年の年明け早々、怒りに燃える義尹は義澄討伐の号令を発した。北近江の守護京極高清と手を結び、雲竜軒という遁世者を大将とする軍団を南近江へ送り込んだのである。

 突然、京極高清の名が登場し、家中は最早表舞台に立つことがなくなった悲哀を改めて噛みしめたのであった。どっちが勝っても京極家に影響はないのだが、義尹方が勝ったとしても高清にだけは手柄を挙げさせたくないのが家中の正直な気持だった。

 その願いが通じたのか、甲賀に逃げ込んだ六角氏は甲賀の国人衆と共に反撃し、幕府軍を壊滅させた。大将の雲竜軒も討ち取られる始末だった。

 次郎松はそれ見たことかと大喜びした。 何でも討伐失敗の方へ賭けてかなり儲けたらしい。これには後日談がある。その話を聞いた家中の侍が、そんな賭けがあったのならなぜ教えなかったのかと次郎松に因縁をつけ、酒手をふんだくったと言うのだ。

「牢にぶち込み、殴る蹴る、さんざん痛めつけておいて、なんちゅう奴らや。貧すれば鈍すとはこのことや」

次郎松の怒るまいことか。

 

一方、細川澄元は六角氏や甲賀の力を得て幕府軍を撃退したものの近江滞在の限界を知り、態勢を立て直すために三好之長とともに本国の阿波に戻った。

 義澄は水茎岡山城に残った。

 水に囲まれた琵琶湖の城から南東の甲賀山地までは指呼の間と言ってよい。危なくなったら六角氏と共に甲賀の山中へ逃げ込めばよい。甲賀の国人衆に守られている限り安全な事は証明された。

甲賀は国人衆の連合体からなる国であった。横の繋がりが強く古来より独立自尊の気風に富み、外敵に対しては常に結束して当たった。山地で地形は険しくその地形を利して戦う甲賀衆にいつの時代も攻め手は翻弄された。どれほどの大軍をもってしても甲賀攻めは失敗の歴史であった。

 澄元と之長が近江を去ったので表面上は平和が戻ったように見えたが、義澄と澄元達は近江と阿波から都を挟み撃ちにする作戦を新たに練っていた。

 

 六月の末、侍部屋の前を通りかかった辰敬は鷲尾に呼び止められた。

「柱立をしたそうやな」

 柱立とは建物を建てる時、基礎を固めその上に柱を立てる事を言う。手斧始め、柱立、上棟式と続く、建築における重要な区切りの儀式である。

 鷲尾が言う柱立とは杵築大社造営の事である。辰敬にはまだ報せが届いていなかったので今初めて知ったことになる。一昨年の秋に造営の宣言があり、着工したのが去年の五月、順調に進んでいると聞いていたのだが鷲尾の薄笑いが気になった。

 この男がこのような嫌味な笑みを浮かべる時は決まって出雲がらみの話題であった。

 身構えると果たして、

「さすがは悉皆入道殿と感心しておったのやけど、何や、聞いたところによると、正殿の柱が足りんかったそうやないか。北西の端の柱が間に合わんかったのや」

 心の臓がどきんと鳴った。さすがに不安になる。その不安を煽るかのように侍部屋から聞えよがしの声が続いた。

「尼子殿も参拝した正殿立柱やと言うのにみっともないことやなあ。都じゃありえん話や」

「そら、出雲じゃ、ええ柱も集まらんかったんやろう」

「せやなあ、都やったら、木曾を筆頭に伊勢や紀伊、丹波の良材が集まる。海を越えて四国からも運ばれて来るよってなあ」

「尼子殿も威勢のええこと言わはった割には、正殿の柱も揃えられんとはなあ。(おお)(やしろ)はちゃんと出来るんかいなあ」

 鷲尾がいかにも心配そうな顔をした。

「入道殿に責めが及ばねばよいが。わぬしの親父殿はその前に腹を切ったりしかねぬ。そう言う御仁と聞いとる。心配やなあ」

 散々に脅されて辰敬は二、三日眠れなかったが、八月に入ってすぐ最後の柱が無事に立ったとの報が届いた。

誰も何も言わなかった。

 造営奉行亀井秀綱や父の忠重が責任を問われる事もなかった。ことさら騒ぎ立てるほどの事ではなかったようだが、鷲尾は嫌味を忘れなかった。

「考えてみたら、尼子殿の御縁に連なる者を咎めるはずがあらへんわなあ」

 その少し前に辰敬の姉の袈裟は経久の次男孫四郎に嫁いでいて、鷲尾達は忠重が造営奉行になれたのも娘のお陰と陰口をきいていたのであるが、それから暫くして経久が伊予守に任官し、孫四郎が細川高国の偏諱を受けて国久と名乗ると諦めたかのように黙ってしまった。

 

 その頃、本国阿波に戻った細川澄元は兵力の回復に努める一方、前典厩家・摂津分郡守護だった細川政賢や淡路守護細川尚春、和泉上守護細川元常らとの結びつきを強めていた。

永正の錯乱後、澄元を支持したため高国によって典厩家を追われた細川政賢は言うに及ばず、細川尚春も細川元常も細川一族では家格の低い野洲家の高国が一人だけ突出して出世した事に反発していたのである。

澄元は細川一族を切り崩し、播磨守護赤松義村をも味方に付ける事に成功した。

こうして反撃態勢は着々と整えられ、明くる永正八年となった春、満を持して足利義澄が挙兵した。

義澄は若狭や近江の有力な武士や寺院などに盛んに書状を送った。大内義興を牽制する為、九州の大友氏にも大内氏の背後を突くように出兵を促す書状を送った。

義澄に呼応して、細川澄元も大和や和泉、河内などの諸将に忠節励行を督促した。

近江と阿波から戦いの狼煙が立ち昇り、近畿の情勢はにわかに風雲急を告げた。

七月十三日、細川澄元と三好之長は阿波を発向、泉州堺に上陸した。

先陣の大将は細川政賢で、細川元常・山中為俊らを率い、高国方の深井城(現在の堺市)を落とした。

河内では澄元と連携する畠山義英が、高国派の宿敵畠山尚順を打ち破り高屋城へ入った。

精強な阿波兵が鋭気を養い、態勢を立て直して攻め寄せたのであるから、澄元勢はたちまち和泉・河内を制圧した。

一方、淡路守護細川尚春は摂津に上陸、播磨守護赤松義村も摂津に攻め込んだ。尚春の淡路衆は兵庫口で敗れたものの、赤松勢は破竹の勢いであった。

日々もたらされる情報に、京極家中は尻の落ち着かない日々を過ごしていた。そこへ大内義興が石見の諸将に上洛を要請したとの報せがもたらされたから邸内はにわかに浮足立った。

家中のみならず、都の人々は皆、いま幕府を一手に支えている大内氏の強大な軍事力を絶対視していた。大内軍がある限り都は安泰と楽観していたので、大内義興が援兵を請うたことに驚いたのである。

辰敬も意外に思った。

三好之長が如意ヶ岳で一戦も交えずに逃げ出した体たらくを思うとどうにも信じ難いのだが、どうやら澄元派の勢いは本物らしい。

澄元勢ばかりに気を取られていると、連携する近江の足利義澄が背後から突いて来るは必定。さしもの大内義興も在京軍だけでは前後の敵には対応しきれないのであろうかと不安になって来た。

辰敬は現政権を支持している訳ではない。どちらが天下を取ろうとどうでもよかった。漸く世の中が治まったと思ったのにまた戦いになるのが嫌だったのだ。都が戦場と化す光景は想像したくなかったのだ。

数日後、石見の諸将と共に尼子経久も数百の兵を率いて上洛するとの報せがもたらされた。

「わぬしはどないするんや」

 上目遣いにじろりと辰敬を窺う鷲尾の目はいい加減にこの邸から出て行ったらどうだと言わんばかりだった。即ちそれは戦に加わる事を意味していた。尼子殿が自ら兵を率いて出陣するのであるから当然辰敬も参陣すべきではないのかと言っているのだ。それは辰敬にとって初陣を意味する

初陣。

その言葉がずしりと軋んで辰敬の胸に居座った。息苦しいほどに重い言葉だった。覚悟はしていた。武士の子ならいつかはこの日が来る事を。もうすぐ十七歳になる辰敬にとっては遅いぐらいだ。

出雲にいたら尼子武士の子としてその日に向かって生きているようなものだが、都にいるとつい忘れてしまう言葉だった。

御屋形様が健在ならば家中も辰敬について口を挟む事はできなかった。しかし、御屋形様亡き今や京極家にとって辰敬はただの他所者である。尼子の禄を食むのだから。ましてや悉皆入道の子ならば当然参陣するのだろう。いやそうすべきであろうと、鷲尾同様に辰敬を厄介払いしたい家中は皆辰敬自ら初陣を望んで出て行く事を期待していた。

意地悪な視線であった。

家中が尼子方の加勢する現将軍が負ける事を望んでいるのは明らかだった。辰敬が初陣で死んでも同情する者など一人もいないだろう。残酷な運命の物語を望む、それが若者であればあるほど喜ぶ野次馬の冷酷な視線だった。

辰敬にとって一番暑い夏だった。

熱暑で煮えたぎる頭の中を初陣という言葉だけが嵐のように駆け巡っていた。言葉では判るのだが自分が鎧兜で身を固め戦場を疾駆する姿がどうにも浮かばなかった。

辰敬は家中の屈折した期待と初陣の不安に耐えながら、やがて来るであろうの日の前に立っていた。その日は確実にやって来ると己に言い聞かせて。

 

8月25日にカーポートに走り込むタヌキを発見。タヌキはわが家の庭に移動する。目が合い暫くにらめっこしていたら裏庭へ逃げる。
Inked1598699861630_LI1598699917866
西の裏庭は草を抜いていないので荒れ放題。タヌキは縁の下の隙間から床下に飛び込む。(赤い矢印)この隙間は昔野良猫も出入りしていた。隣のMちゃんに早速相談。この際だからしっかり塞ごうと言うことに。その前にタヌキを退治しなければならない。どうすればタヌキが出入りできなくなるか?
15986999138951598699968743
Mちゃん、ネズミ捕りシートを仕掛けたらというので、早速ネズミ捕りシートを買って来て、出入り口の下に並べて置く。翌朝26日、起きてすぐ見に行ったら、シートが2枚見当たらない。恐らく夜中に出て来たタヌキが踏みつけてしまい、パニックに陥り、身体に2枚のシートをくっつけたまま逃げたのだろう。敷地内にシートは落ちていなかったから、シートをくっつけたままどこかにいるはずだ。9月5日現在目撃者はいない。さぞや暑いことだろう。可哀想だがタヌキやイタチを下宿させるわけにはゆかない。
1598699967263←Mちゃん、タヌキの穴を塞いでくれる。

このタヌキ騒動の25日に、この際だからと思い切って害獣退治を業者に依頼する。天井裏の運動会が儂が帰郷してから10年近く毎年起きているので、いつか清掃消毒し、害獣の侵入を防がなければと思っていたのだ。業者に電話したら、何と当日の夜の8時に下見すると言う。この時期、スズメバチ退治が忙しいのだそうだ。今は天井の害獣(恐らくイタチ)は出て行ってしまったので、天井と床下の掃除と消毒。イタチの侵入口を塞いでもらうことにする。
Inked1598700030731_LI1598700028520
赤い矢印がイタチの進入口。昔、出入りしたのを目撃したものの放りっぱなしにしていた。ここから天井に潜り込んでいたとは。この部屋は母屋に父母が帰郷した時に増築した母の寝室で、今は儂が寝室にしている。
1599186899009
業者は内側に忌避剤を置いてからネットで塞いだ。ネットだと風通しがいいのでネットで塞ぐのが決まりなのだそうだ。ネットは5年は持つと言っていた。イタチは同じ進入口を何年も使い、子供も同じ穴を使うのだそうだ。
1599186902338
天井の掃除であるが、天井に上がれたのは昭和50年代半ば頃に増築した台所と台所に続く居間。平成の初めに増築した母の寝室だけ。昭和10年頃離れとして建てられた二間の天井には入る所がない。鴨居から屋根まで土壁で塞がれているから廊下側からも、押し入れの天井からも入ることが出来ないのだ。完全に密室状態で害獣は土壁に開いた穴から出入りしていたようだ。
西の座敷の廊下の端に最初に増築した時半畳大の押し入れが作られていて(タヌキ侵入口の上)、そこの天井板を持ち上げることが出来たのだが、柱や板が打ち付けてあり、廊下の天井には入れず。
バラバラと多量の糞が落ちて来た。
居間の天井には枯れ草で作った巣があったよし。台所・居間・寝室の糞を掃除し、消毒、四隅に忌避剤と遅効性の餌を置いて天井は終わり。奇麗に掃除することはしないのだそうだ。TVで見る最近の住宅のようにガランとした天井とは違い、増築した我が家の天井の居間部分は昔自分も覗いたことがあるが、ジャングルのように柱が入り組み、潜り込むのも困難な状態なのである。TVでは敷き詰めた断熱材を害獣がぼろぼろにしていたのを掃除していたが、我が家に断熱材なんてしゃれたものはなし。
すぐに床下に移る。
1599186900539
母屋の西側の座敷の床下。ここにも枯れ草の巣があった。色々な足跡があったよし。ここにも忌避剤と遅効性の餌を置いてあっという間に終了。もしまだどこかから侵入したとしても、害獣は忌避剤の臭いを一度嗅いだら二度と入っては来ないそうだ。10時に来て、1時には終わってしまった。儂は一日仕事かと思っていたので、こんなことでいいのかと不安になる。見積もりは約15万だったが、二間の天井に入れなかったので約10万。高いのか安いのか。安くはない。ぼられたような気もしている。業者選びに悩み、近所に聞いて回ったが、誰も害獣退治はしたことがないので分からない。ネットで調べたら出雲にも業者がいるが誰も評判を知らない。農協に紹介してもらおうかと思ったが、農協に頼むと高いぞと言われて断念。ネットで調べて全国組織の業者がいたのでフリーダイヤルで依頼したのだ。
振込先は広島の銀行の個人名義の口座。やって来た業者とは違う。この業者も出した名刺は個人名。どうやらこの組織は個人で請け負い、さらにそこから孫請けの個人におろしているようだ。やって来た業者は広島の庄原から来たと言う。松江尾道道路の島根県境を越えたところである。何かあったらアフターケアはすると言うが、すっきりはしない。春秋が繁殖シーズンだと言うが、まずはこの秋が静かなことを祈るばかり。儂はさっさと片づけたくて、相みつをとらなかったが、もし害獣退治をする人があったらしっかり相みつをとることをお勧めします。

今は台風10号が心配。出雲はそれほどひどくはなさそうだが、一応停電の対応だけはしておく。何年前かにカセットコンロを買ってあるので、風呂に水を張っておく程度。
心配なのは熊本、妻の実家はおそらくひどいことになるだろう。覚悟している。

↑このページのトップヘ